AGA/男性型脱毛症

  • HOME > 
  • AGA/男性型脱毛症

男性の薄毛のお悩み

こんなお悩みありませんか?

頭髪量が減ったと感じる方
  • 頭頂部を中心に抜け毛が増えた
  • 生え際が薄くなり、額が広く見えるようになった
  • 額から頭頂部にかけて薄くなってきた
見た目(髪量)以外で気になる方
  • 毛が細くてコシがなくなってきた
  • 細い髪の毛が抜けるようになった
  • 頭皮が脂っぽく、ベタついている

若い方で、薄毛のお悩みを抱える患者さんが増えています。

髪の見た目だけでなく、髪を触った時の違和感や毛の状態に不安を覚える方からのご相談が多いです。

薄毛・抜け毛の現象は、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる進行性の病気が考えられます。

自己判断の前に受診を

AGAだと焦って自己判断をして、市販薬などを頼る方も多いようです。しかし、実際はAGAではなく、円形脱毛症などの別の疾患だったという場合も少なくありません。

まずは医療機関にて脱毛の原因をつきとめ、患者さんの状態に合った適切な治療を受けることが望ましいです。髪量の減少等をはじめ、薄毛・抜け毛のお悩みを抱える方は、一度当院へご相談ください。

AGA(男性型脱毛症)とは

AGAの特徴

20代から30代頃から進行

AGAは男性ホルモンによる影響を受けた進行型の脱毛症です。思春期以降の成人男性に多く、20代から30代頃から徐々に進行していく特徴があります。

毛は、毛周期とよばれる4段階「成長初期→成長後期→退行期→休止期」のサイクルを繰り返します。

AGA(男性型脱毛症)は、成長期段階にある毛髪に対して、退行期や休止期に移行する異常信号が出されてしまう状態です。そのため、成長期が短くなり毛髪が長く太い毛に成長する前に抜けてしまいます。結果、まだ成長途中であった細い毛の割合が多くなり、地肌が目立つようになります。

進行性の疾患

AGAは進行性の疾患のため、長期間経過すると最終的に毛包が縮み、毛髪が生えなくなってしまいます。進行すると治療の効果も薄れていくため、早期の治療がとても重要です。

AGAの原因

AGAの主な原因物質は男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)と考えられています。

前頭部や頭頂部に5αリダクターゼが多く存在していると、テストステロンはジヒドロテストステロン(DHT)に作り替えられてしまいます。

ジヒドロテストステロン(DHT)の生成
  • テストステロン(男性ホルモン)
    男性らしさ(筋肉質な体型やがっしりした骨格など)を構成するための性ホルモン。
    思春期に急激に分泌量が増える。
  • 5αリダクターゼ(還元酵素)
    前頭部や後頭部、側頭部、前立腺などに存在する酵素。遺伝情報が親から子へ受け継がれやすい。

男性ホルモンであるテストステロンは、男性胎児にとって外性器を形づくられる大切な役割も担います。しかし思春期以降になると、男性の悩みで多いニキビの発生や、毛髪の成長を妨げる要因となります。また、前立腺肥大といった病気の危険因子にもなります。

AGAの原因|北上市の前田皮膚科クリニック

AGA進行の危険因子

AGAの進行を遅らせるには、原因物質となるDHT(ジヒドロテストステロン)の抑制が必要です。このDHTは日常生活のさまざまなことが影響を及ぼし増加していきます。

ご自身の生活習慣を見なおすことが、AGA進行を食い止めるためのスタートラインとなります。

DHTの発生要因と、そのほかの危険因子
1:心理的ストレス

心理的ストレス|北上市でAGAの治療なら、前田皮膚科クリニック過度な心理的ストレスは、自律神経の乱れを引き起こします。ストレスは、さまざまな病気の誘発要因となることがわかっていますが、毛髪にも悪影響を及ぼします。

自律神経の乱れによって血管は収縮し、頭皮への血流を阻害します。これにより、頭皮には十分な栄養を送れなくなり髪の成長の妨げとなります。

また、強いストレスによってホルモンバランスは崩れてしまい、DHTが過剰に分泌されて増加します。結果、AGAを進行させる要因となるのです。

2:食生活の乱れ・過度の飲酒

食生活・過度な飲酒|北上市でAGAの治療なら、前田皮膚科クリニック脂肪分の多い食品や高カロリーな食事が習慣化すると、血流の悪化を招きます。髪の成長に必要不可欠な栄養素が頭皮に行き渡らなくなることで、AGAの進行を促します。また、動物性食品(肉など)を中心とした食生活を送っている方は、皮脂や男性ホルモンが過剰に分泌させ、AGAの進行を促すことがわかっています。

過度の飲酒も注意が必要です。アルコールは肝臓で分解されますが、そのときに発生する「アセトアルデヒド」という有害物質は、DHTを増加させることがわかっています。

また、アルコール分解の際はエネルギーとしてアミノ酸を大量に消費しますが、このアミノ酸は毛髪の構成に必要な物質を作るために重要な役割を担います。つまり、本来は毛髪の栄養素となるはずだったアミノ酸がアルコール分解によって消費されてしまうのです。結果、DHTの増加とアミノ酸の欠乏がAGAの進行を助長します。

3:喫煙習慣

喫煙習慣|北上市の前田皮膚科クリニックタバコに含まれるニコチンは血管を収縮させて、頭皮への血流を阻害します。栄養素を運ぶ役割を担う血流が滞ってしまうことで、頭皮や毛髪には栄養素が届きにくくなります。

加えて、タバコの成分には発毛に必要不可欠なビタミンやミネラルなどを多量消費してしまう働きがあり、DHTを増加させることもわかっています。毛の発育環境をさらに悪化させます。

4:不規則な生活・睡眠不足

髪の発育を促す成長ホルモンは睡眠によって大量に分泌されます。そのため、十分な睡眠をとらない生活が続いてしまうと、ホルモン分泌に悪影響を及ぼします。

ホルモン分泌は夜中の22時〜2時頃に活発となるため、夜更かしが習慣化している方は注意が必要です。

また、十分な睡眠がとれないと、頭皮の毛細血管の血流が悪化します。健康的な毛髪を育てるための栄養が行き届かなくなってしまい、薄毛・抜け毛を誘発します。

5:運動不足

汗をかくとによって脱毛因子となるDHTが体外に排出されることがわかっています。つまり、運動不足の方はDHTが排出されづらい環境となり、体内に溜め込んでしまいます。

また、運動不足はストレスを溜め込む要因としても考えられるため、適度な運動はAGAを回避するために重要なポイントであると言えます。

AGAの治療

治療をする前に

AGAの治療|北上市でAGAの検査・治療は、前田皮膚科クリニックAGA治療の目的は、ヘアサイクルを正常な状態に戻すことです。

主に薬によって治療を進めていきますが、その前提として、AGA進行を誘発する危険因子を断ち切ることも大切です。

  • 心理的ストレスへの対処
    なるべくストレスを溜めないように心がける
  • 食生活・飲酒習慣の改善
    栄養バランスのとれた食事を心がけ、お酒はほどほどに
  • 喫煙習慣を断ち切る
    禁煙する(受動喫煙も要注意)
  • 規則正しい生活
    十分な睡眠をとり、疲れを溜めないように心がける
  • 運動不足の解消
    日常生活に適度な運動を取り入れる

北上市の前田皮膚科クリニックでは、患者さんの生活習慣の見直しを図りながら、お体にあった治療薬をご案内いたします。

AGAの治療薬「ザガーロ」

これまでAGA治療には「プロペシア」という薬が最も有効とされてきましたが、新たなAGAの治療薬として「ザガーロ」が注目されています。ザガーロはプロペシアよりもDHTの生成をより強く抑えられることが期待されています。

これまでプロペシアを服用し、十分な効果が得られなかったという方には、ザガーロという選択肢が期待されます。ザガーロの副作用については、プロペシアと比較しても有意な差はみられていません。そのため、初めの選択してしてザガーロを使用することもできます。

料金のご案内
プロペシア ●円
プロペシア ●円
ザガーロ ●円

※ 保険適用外となります。
※ 初診料、再診料が別途必要です。

留意点および副作用やリスク
留意点

前立腺がんの検診を受けられる患者さんは、検査をする前の段階でかかりつけ医に「AGA治療をしている」旨を必ずお伝えください。

AGA治療の内服によって、PSA値(前立腺がん検査で測定される値)が50%程度低下してしまうことがわかっています。よって、測定されたPSA濃度は2倍した値が評価の目安となります。

副作用やリスク

どのような治療法や治療薬であっても、副作用が起こるリスクはゼロとは言い切れません。AGAの治療も同様に、治療薬によって起こりうる副作用を想定して治療を進める必要があります。

AGAの治療薬には、わずかではありますが、下記のような副作用がみられる場合があります。

  • 性欲減退
  • 勃起機能不全
  • 肝機能障害
  • アレルギー症状(薬疹を含む)

治療薬服用後、1つでも上記の副作用がみられた場合は必ず内服を中止し、すぐに当院へご相談ください。

一番上に戻る